スポンサードリンク



世間のみんなが休みに入ると高速道路が大渋滞しますよね?あなたは高速道路の渋滞時にトイレが我慢できなくなったことはありませんか?

 

わたしは今までに何度かあってですね、出発前には必ずトイレを済ませて出発するのですが、なぜか行きたくなってしまうんですよねw

 

1度経験してしまうとどうしても頭の片隅にある緊張感から、トイレに行きたくなってしまうのです。。。

 

最悪車の中でおもらししてしまうなんてことにもなりかねませんので、高速道路での渋滞時トイレ対策をしっかりと理解するようにしましょう!

 

という事で今回は高速道路の渋滞時のトイレ対策についてお話します!

スポンサードリンク

高速道路に乗る前の3つの対策が重要!

まず自分自身でできる高速道路でのトイレ対策ですが、重要な点が3点あります。

  • 前日にお酒を飲みすぎない
  • 高速道路に乗る前に大量の水分をとらない
  • 高速道路に乗る前に必ずトイレにいっておく

 

これは大人がよくやるアルアルですが、前日にお酒を飲んで朝起きて水をガブガブ飲んでしまう。高速道路に乗る前にちゃんとトイレに行っているけど、すぐにトイレに行きたくなる。。。わたしはこのパターンが多いですね。

 

それからわたしが学生時代に経験したのが、部活に参加してスポーツでたっぷり汗をかいて水分補給をし、高速道路に乗る前にトイレを済ませたけどすぐに行きたくなってしまうパターン。

 

わたしが紹介したこの2つのパターンってお腹が痛くなることもあるので、本当に気をつけてくださいね。高速道路の渋滞時にお腹痛くなると本当に最悪ですからね。

 

ただこの3点をしっかりと守っておけば高速道路で渋滞が発生したとしても、トイレ対策で困る確率をグンと下げることができますよ。

 

ではせっかく対策したのにも関わらず、高速道路上でどうしてもトイレに行きたくなった場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

渋滞時にトイレに行きたくなってしまったら・・・

わたしの場合、まずカーナビやグーグルマップで自分の車の位置を確認し、インターチェンジかサービスエリア、パーキングエリアが近ければ我慢をしたままそこを目指します。

 

サービスエリアやパーキングエリアは分かるけど、インターチェンジって高速から出ちゃうの?って聞こえてきそうですが、わたしは我慢ができなければ料金所に向かいます

 

あまり知られてませんが、料金所にはその料金所で働く人達の施設が建っていてそこにトイレがあるんですよね。そのトイレは事情を話せば貸してくれますよ!

 

ただ、料金所の手前でどこにトイレがあるのかが分からないと思いますので、トイレを探す際に他の車と衝突事故を起こさないようにだけ注意してくださいね^^

 

これって自分のタンクの状態が80~90%くらいなら可能ですが、もう100%に近い状態の時は正直無理ですよねw

 

ただヤバい!漏れる!といってこれをやると超危険なのでこれだけは頭に入れておいてくださいね。

スポンサードリンク

ヤバい漏れる・・・!それでもやってはいけない3つのこと!

例え漏れそうでもこの3つの事は、絶対にやらないようにしてください。

 

その3つがこちら↓

  • 路肩を走行する!
  • 路肩に車を停車し車内で用をたす!
  • 路肩に停車し車外で用をたす!

 

これって高速道路上で渋滞してるし、路肩を走行しても大丈夫だろうとたまに走行している人を見かけますが道路交通法の違反になり罰金をとられてしまいます。

 

そんな事より前方に事故車や故障車が止まっているかもしれません。そういった意識を持って運転していないとド~ンと追突事故を起こしてしまうんですよね。

 

高速道路は車線の幅が一般道より広いし、渋滞してるから少しぐらい路肩に止まっても大丈夫だろうって感じると思いますが、後ろから突っ込まれる危険性やバイクがすり抜けていく危険性をしっかりと認識しておきましょう。

 

特に夜は停車している車がとても見づらくなってしまうので、路肩への駐停車はやらないようにしてくださいね!

 

話が少しそれましたが、どうしても我慢ができなくなったらどうすればいいのでしょうか?ちょっと恥ずかしいですがわたしの体験談をお話しますね。

 

どうしても我慢できなかったら!【わたしの体験談】

どうしてもトイレが我慢ができないようであれば、車の中で液体を入れることができるものをまず探してみてください。

 

わたしの車の中には大きなゴミ袋2Lのペットボトルが常に置いてあるんですよね。趣味でマリンスポーツをやるのでシャワー代わりのペットボトルとウエットスーツを入れるための大きなゴミ袋が。

 

わたしの場合は幸いにもドライバーチェンジができる状態だったので、まずは運転を変わってもらいました。ただ変わってもらったはいいものの、どうやって用をたせばいいのかが分からないんです。

 

助手席だと周りの車からも見えてしまいますし、なによりどういった体勢ですればいいのかが分からない。

 

車のシートはお尻側が下がっていて深く腰掛けた状態でしてしまうと、ペットボトルにしてもゴミ袋にしても逆流してきて漏れてしまう可能性がある。

 

さらに浅く腰掛けてもすっごく体勢がきついんです。といいますか用をたすことができないのです。

 

そこでわたしが実践した方法が、運転席と後部座席の間で横向きになり、立ち膝状態を作りその状態で実践することにしたんですね。

 

その際に2Lのペットボトルに100%入れる事を目的として、周りにもれないように保険の意味でその上からゴミ袋でガードするようにしました。

 

体勢はすごく辛いですが、この方法ならなんとか用をたすことができましたよ。ただこの方法は男性や男の子にしか使えない技なので女性の場合はこの方法では無理です。

 

そうならないためにも車の中には簡易トイレを用意しておくことをおすすめします。これがあればお腹が痛くなったときも使えますからね。

 

こちらの車内用簡易トイレはポンチョがついているので、とても便利ですよ♪ただ、車内用簡易トイレをどこに設置してどういう向きでするかは事前に考えておいたほうがいいですね。

 

その後の処理はどうした?【わたしの体験談】

わたしはなんとか車の中で用をたすことができましたが、問題はその後の処理。ペットボトルに入っているものと、ゴミ袋をどうするのか。

 

幸いにもわたしの場合は、ペットボトルに上手く入れることができたのでまずはゴミ袋は小さくたたんで、普通のゴミと一緒にまとめることにしました。

 

ペットボトルに関しては蓋をして臭いがしないように、とりあえずは手で持っていましたねwその後最寄りのサービスエリアやパーキングエリアに入って、ゴミ袋は通常のゴミに捨ててペットボトルは恥ずかしかったので、自分の洋服で包んでトイレに持っていきました。

 

たださすがに小便器に流すってのは恥ずかしいので、大便器の方に入ってゆっくりと中身を捨てました。

 

問題はそのあと。中身のなくなったペットボトルをそのままゴミ箱に入れるのはさすがに悪いと感じたのでどこですすげばいいのかすっごく悩みました。

 

結局わたしは、トイレ近くで500mlのペットボトルを1本購入し、再度大便器へ。そこで用をたしたペットボトルをすすいでペットボトルをゴミ箱に捨てることができました。

 

いやいや本当に大変でしたよ(T_T)おそらく数名の人には「こいつ車の中でペットボトルに用をたしやがったな!キタねぇなぁ」と思われていたと思いますw

 

でも漏らすよりはマシですからね。いざとなった時はこういった方法も使えるんだよって事が分かってもらえたら幸いです。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

高速道路の渋滞時のトイレ対策は高速に乗る前が重要です↓

  • 前日はお酒を控える
  • 出発前に水分を取りすぎない
  • 高速道路に乗る前には1度トイレに行っておく

 

これらを意識しておくだけでもわたしのような珍プレーは起こりませんので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

それから簡易トイレはわたしも購入してみますので、またその感想を載せていきたいと思っています。つかったことがあるよという方がいらっしゃいましたがぜひコメントいただけると幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク



  • 高速道路の渋滞時トイレ対策!ヤバいもう無理!【私の体験談】
  • きらッコノートのクリスマス特集に当サイトが掲載されました!
  • 社会人の恋愛のきっかけ!うまくいく方法ランキングベスト5!
  • 社会人の恋愛が難しい3つの理由!学生時代との違いで分かること!
  • つけどん兵衛の作り方と簡単アレンジ方法!容器は利用するべし!
  • パラダイス文書とパナマ文書の違いは何?双方をわかりやすく解説!
おすすめの記事