2017年8月29日に北朝鮮から
弾道ミサイル「火星12」が北海道上空を通り、
太平洋に着弾した許せない挑発行為!

 

これに対して、
金正恩暗殺計画はいつ実施されるのか
2017年中にトランプは実行できるか
騒ぎになっている。

 

わたしも正直、金正恩が暗殺されれば、
世界が安心できる気がしなくはないですが、
もし金正恩が暗殺されたら
もっと恐ろしい事が起きてしまいそうな予感がしてます。

 

ということで今回は、
金正恩が暗殺されたら世界はどうなってしまうのか、
わたしの意見を述べていきます。

 

金正恩が暗殺されたら戦争は回避できる?

金正恩が暗殺されたら戦争は回避できるのか、
記憶に新しいところでアメリカが暗殺した人物、
ウサマ・ビンラディンのケースを見てみましょう。

 

忘れもしない2001年9月11日に、
アメリカ同時多発テロを起こした、
アフガニスタンのタリバン政権の首謀者でした。

 

アメリカはタリバン政権に対し
ビンラディンの身柄の引き渡しを要求したが、
タリバン政権は要求を拒否し
2001年10月にアフガン戦争が開始されたのです。

 

その後ビンラディンの行方は分からなくなり、
潜伏先が分かったのが10年後の2011年ですよ!

 

その間戦争状態が続き、
その後ビンラディンの居所が分かり、
ネプチューンスピア作戦が実施され、
2011年5月2日にビンラディンの暗殺に成功したのです。

 

 

この歴史を見てみると暗殺をする時には、
戦争が起こってしまい、
しかもその戦争が何年も続き、
国民が一番の被害者となってしまうのです。

 

わたしは北朝鮮は3代に渡って世襲していて、
軍の統率力や金正恩への忠誠心では、
タリバンとは比較にならないくらい上だと感じています。

 

金正恩の影武者もいるので、
万が一アメリカが間違えて影武者を暗殺したり、
本物の金正恩の暗殺が未遂に終わったりでもしたら
弾道ミサイルを発射し戦争は避けられないでしょう。

 

 

もし仮に戦争を始める前に、
金正恩が暗殺に成功したとしても
北朝鮮は弱体化するのではなく、
戦争をするような気がしてなりません。

 

なぜなら自分の権力を保持するために、
反発心のある人物や家族を
100人以上も粛清や処刑をしていて、
金正恩の考えに共感できる側近を置いているからです。

 

ほんとに考えたくはないですが、
金正恩が戦争前に暗殺されても、
戦争後に暗殺されても長い年月がかかり、
甚大な被害がでるとわたしは考えています。

 

ちなみに北朝鮮の軍事力ってどれくらいなのでしょうか?

 

 

北朝鮮とアメリカの軍事力の比較

こちらはグローバルファイアパワーが発表している、
2017年の軍事力ランキングなのですが、
北朝鮮はTOP20に入ってはいません↓

1位 アメリカ 軍事費:5878億ドル
2位 ロシア
3位 中国
4位 インド
5位 フランス
6位 イギリス
 7位 日本   軍事費:438億ドル
8位 トルコ
9位 ドイツ
10位 イタリア
11位 韓国
12位 エジプト
13位 パキスタン
14位 インドネシア
15位 イスラエル
16位 ベトナム
17位 ブラジル
18位 ポーランド
19位 台湾
20位 イラン
23位 北朝鮮   軍事費:75億ドル

 

この軍事力ランキングを見て、
北朝鮮のランキングがかなり低いことと、
日本がTOP10に入っている事に驚きました!

 

しかもTOP20にはアジアばかりが入ってるのも
かなり気になるところですね。

 

それだけアジア情勢が不安定ということの
あらわれなんでしょう。

 

 

それから気になる軍事力ですが、
北朝鮮とアメリカの軍事力を分かりやすく表で
比較してみました!

北朝鮮 アメリカ
兵力 (最前線)70万人

(予備軍)450万人

(最前線)140万人

(予備軍)110万人

戦車 5025両 5884両
多連装ロケット 2400余門 1331余門
航空機 944機 13762機
戦闘機・迎撃機 458機 2296機
攻撃型ヘリコプター 20機 947機
航空母艦 0隻 19隻
駆逐艦 0隻 63隻
潜水艦 76隻 70隻

 

こうやって北朝鮮とアメリカの軍事力を表にしてみると、
圧倒的な差があるように見えますが、
北朝鮮の兵力とミサイルの数はやはり驚異的ですね!

 

おそらく戦争になった場合は、
アメリカの空軍の攻撃がメインで展開されると思いますが、
北朝鮮が何をしてくるか分からない不気味さは、
無視できないものがあります。

 

今回の金正恩暗殺計画に対して
世間はどう思っているのでしょうか?

 

 

金正恩が暗殺計画に対する世間の声

 

たしかにイラクのフセインやリビアのカダフィを
空爆によって抹殺しようとして、
逃げられてますからね。

 

北朝鮮に対して同じように空爆をしても、
同じような結果になることは想像できます。

 

 

たしかに金正恩が暗殺されたとして、
難民が大量に出た場合にどこの国が受け入れるのか
非常に難しい問題がありますよね。

 

もちろん日本も受け入れするべきと
わたしは考えますが。

 

 

北朝鮮の本当の狙いってなんなんでしょうね。

 

わたしも金正恩が暗殺計画から逃れたい一心で、
最近大暴れしているのだと感じていましたが、
だんだんその目的が分からなくなってきました。

 

金正恩が暗殺されたら本当に世界に平和がやってくるのか、
過去の戦争を見るととてもそうは思えないのです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

わたしは日本上空を
北朝鮮の「火星12」が通過した時に
絶対に許せない気持ちから、
早く金正恩暗殺計画を実施してくれないかなって
思ってしまいました。

 

ただ冷静になって考えてみると、
これまでの歴史のなかで暗殺計画を行うことによって、
多くの犠牲者が出ているのも事実。

 

かといって放置していくわけにもいかない。

 

こういった難しい問題に対し、
アメリカはよくやってくれてるなって感心しますね。

 

今後も北朝鮮の動きとアメリカの動きには、
注目していきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


北朝鮮関連の記事はこちら

↓↓↓

>>>緊迫の北朝鮮ミサイル・核実験まとめ!




北朝鮮問題の関連記事
  • 火星15号ミサイルの威力とは?値段や飛距離についても調査!
  • 作戦計画5015とは?番号が表す意味について分かりやすく解説!
  • 北朝鮮のSLBM発射はいつ?場所はどこに落ちる?日本への影響は!
  • B1爆撃機による北朝鮮の反応は?東方の国際空域って場所はどこ?
  • 北朝鮮の7回目の核実験は失敗!?マグニチュードが小さいのはなぜ?
  • 北朝鮮の水爆実験はいつ?太平洋のどこを狙ってる?日本への影響は!
おすすめの記事