スポンサードリンク



北朝鮮がまた動き出した!2017年11月29日の日本時間3時18分ごろ弾道ミサイル「火星15号」を発射したというのだ!

 

「火星15号」???またまた新しいミサイルを開発しやがって!どこまででも世界を恐怖にさらしたいらしい北朝鮮。

 

今回は「火星15号」の威力や値段、飛距離について考えていきます!

スポンサードリンク

新型弾道ミサイル「火星15号」とは?

新型弾道ミサイル「火星15号」とは北朝鮮が新たに開発した新型の大陸間弾道ミサイルの名称です。

 

火星14号よりも更に大型で液体燃料をつかった3段式のミサイルなんですって!北朝鮮はこのミサイル実験を成功とし、「核武力完成の歴史的大業を果たした」と語っている。

 

今回「火星15号」はロフテッド軌道で高度4000mで発射され、日本の排他的経済水域EEZの中に着弾している↓

その飛距離は約1000kmだったわけだが、「火星15号」を通常の軌道で発射するとその飛距離はとんでもないことになる。。。

スポンサードリンク

火星15号を通常軌道で発射すると飛距離は?

 

「火星15号」を通常軌道で発射するとなると、その飛距離は約1万3000km。つまり「火星15号」はアメリカの首都ワシントンに到達するだけではなく、ヨーロッパにまで到達することになるんです!

 

「火星15号」が開発されたことによって、アメリカ全土、メキシコまでがミサイルの脅威にさらされることになってしまったのです・・・。

 

ちなみに「火星14号」のロフテッド軌道で発射された時の高度は3500kmで飛距離は約1万キロとされていました。という事はですよ。

 

たった数ヶ月で飛距離を3000kmも延ばし、アメリカの首都ワシントンまで届くように開発してしまったことになるのです。

 

ところで「火星15号」のミサイルの威力ってどんなものなのでしょうか?

「火星15号」の威力とは?

「火星15号」の威力は超大型重量級の核弾頭の装着が可能で、今までのどのミサイルよりも威力が最もあると言われている。

 

しかし実際にどのくらいの威力があるのかは、今のところははっきりと分かっていません。

 

ただ「火星14号」の時の威力がシュミレーションされた動画があるので、添付しておきます。

これは「火星14号」が東京に着弾した時のシュミレーションですが、「火星15号」が大きいサイズのミサイルに進化しているので威力を考えると、1.3倍~1.5倍はあるのではないでしょうか?

 

単純に「火星14号」と「火星15号」の飛距離から計算してみたのですが、実際にはどのくらい威力がUPしているのかは想像するだけで恐ろしくなります。。。

そんな火星15号の値段はいくらなのでしょうか?

スポンサードリンク

「火星15号」の値段はいくら?

「火星15号」の値段に関してですがこれは「火星14号」のときもそうでしたが公表はされていません。

 

ただアメリカが過去に開発したICBM「ピースキーパー」の価格がだいたい70億円といわれているので、「火星15号」もだいたいそれくらいなのかなぁって予想できます。

 

正直ミサイルの値段って高すぎて全然想像がつきませんよね。ミサイル1発が70億円ってのが高いのか安いのか。

 

ただ北朝鮮は経済制裁されてますから、もし70億円かかっていたとしたら国民が安心して暮らせるように使ってほしいなとわたしは思いますが・・・。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

北朝鮮は「火星15号」を開発して、その成功を発表し世界と完全に対立する形で突き進んでいます。

 

日本はここ最近はミサイル発射に慣れっこになってしまっているので、本当にしっかりと向き合っていかないと大変な事になりますよね。

 

戦争が起こらない平和的な解決方法ってやっぱり残ってないのでしょうか?

 

最後までお読み頂きありがとうございました!


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

>>>緊迫の北朝鮮ミサイル・核実験まとめ!


スポンサードリンク



北朝鮮問題の関連記事
  • 火星15号ミサイルの威力とは?値段や飛距離についても調査!
  • 作戦計画5015とは?番号が表す意味について分かりやすく解説!
  • 北朝鮮のSLBM発射はいつ?場所はどこに落ちる?日本への影響は!
  • B1爆撃機による北朝鮮の反応は?東方の国際空域って場所はどこ?
  • 北朝鮮の7回目の核実験は失敗!?マグニチュードが小さいのはなぜ?
  • 北朝鮮の水爆実験はいつ?太平洋のどこを狙ってる?日本への影響は!
おすすめの記事