2017年8月29日の6時前後の
たった数分間で日本を恐怖に陥れた北朝鮮のミサイル発射。

 

予告通告なしにしかもこんな早朝に
ミサイル発射するなんて到底許される行為ではない!

 

国連安全保障理事会で北朝鮮の弾道ミサイル発射については、
「言語道断な行為だ」と強く非難されたが、
北朝鮮にはどうも何も伝わっていないような気がする・・・。

 

わたしが不安に思っている事は、
北朝鮮のグアム計画のミサイルの数が4発だったのに対し、
まだ日本側に1発しか打っていないということ。

 

あと3発残ってるとなると、
いつどこから打ってくるのでしょうか?

 

2017年8月29日の次はいつどこから発射するのか?

2017年8月29日の次に北朝鮮から
弾道ミサイルが発射されそうなのが
やはりイベントがある時↓

  • 9月9日の建国記念日
  • 10月10日の朝鮮労働党創建記念日
  • 12月27日の憲法記念日

 

この中でも9月9日の建国記念日は、
北朝鮮が建国された重要な日なので、
ここが一番危ないと言われてるんですね。

 

北朝鮮は8月21日~31日まで行われている、
米韓合同軍事演習に強く反発していて、
8月29日に日本に向けてミサイル発射したのも、
それが原因の1つとされているのです。

 

 

しかも8月29日のミサイルの発射場所は、
今までだったらミサイル発射場である
トンチャンリ(東倉里ムスダンリ(舞水端里)
だったのですが今回はなぜかスナン(順安)だったのですよ。

 

スナン(順安)はミサイル発射場ではなく
平壌国際空港がありこういったコンクリートの硬い場所からでも
「火星12」のようなミサイルを打てることを証明したのです。。。

 

つまり地面がコンクリートのように硬い場所であれば
どこからでもミサイル発射ができるということ・・・。

 

どこからでも打てるとなると、
米軍や韓国軍、自衛隊の目を欺ける訳ですから
怖すぎますよね:><:

 

 

日本は8月29日のミサイル発射に対して
北朝鮮に強く抗議をしたのですが、
北朝鮮側の姿勢は「対話での解決はない」との見解で、
日本はアメリカと「対話ではなく圧力で」との見解で一致している。

 

でも圧力をかけていったら
北朝鮮はどんどん孤立して、
グアムにミサイルを発射してしまうなんてことに・・・
ならなければいいのだが・・・。

 

 

北朝鮮の弾道ミサイルはグアムに発射するのか!?

北朝鮮は8月29日に日本に向けて
弾道ミサイルを発射したわけですが、
当初の予定はグアムに向けて
約3300kmの距離に4発打ち込む計画でした。

 

日本に対して1発の弾道ミサイルを発射したので、
ミサイルがあと3発は残っているのですよ・・・。

 

 

北朝鮮側は今回の8月29日の「火星12号」の
ミサイル発射については「成功」と発表してます。

 

ただ専門家の話によると
8月29日の日本上空を飛び越えて、
太平洋側へ着弾したミサイルの距離は
不十分だった可能性があるとも言われているのですよ。

本当はグアムを狙える約3300kmを飛ばしたかったが、
なんらかのトラブルがあり2700kmで落ちたのではないか
と言われているのです。

 

弾道ミサイルが3つに分かれたことも、
まだ調査中のためはっきりした答えはありませんが、
もしこの専門家の予想が当たっているとしたら、
北朝鮮は残りの3発のミサイルを改良してくるでしょうね。

 

北朝鮮がグアムにミサイル発射をしなかった事を考えると
北朝鮮がアメリカを脅威に感じている事は明白。

今後グアムに発射することはないかもしれませんが、
再度日本上空を超えて8月29日と同じような場所に
ミサイルを打ってくることは充分に考えられます。

 

それから核実験を行う可能性も!

 

 

北朝鮮が核実験したらどうなる?

北朝鮮の9月9日の建国記念日では、
ミサイル発射や核実験が行われる可能性があると
噂されています。

 

金正恩の一言でボタンが押されれば、
ミサイルだろうと核実験だろうと
実行できる段階にあるとまで言われているんです。

 

ただわたしの予想ですが
北朝鮮が政治的なカードでミサイルや
核実験を行っている事を考えると
9月9日に両方を同時に行わないと思ってます。

 

 

北朝鮮は2016年9月9日に
5回目となる核実験を行っていて、
韓国情報では2017年9月に
6回目の核実験の準備をしている情報があるんですよ。

 

もし北朝鮮が核実験を行ってしまったら、
想像はしたくありませんが
アメリカと戦争に発展してしまうでしょう。

 

その時われわれはどうしたらいいのか、
いまミサイル発射やJアラートで騒いでいる事態ですが、
それ以上の事が起こった場合の事も考えておかないと、
もう他人事では済まされない段階にきていると思います。

 

9月9日に何もおらないことを願うばかりです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

2017年8月29日の北朝鮮の弾道ミサイルの
次のミサイル発射の有力な日程は、
2017年9月9日の北朝鮮の建国記念日です。

 

9月9日はグアムにミサイルを発射するのか、
また日本の上空を飛ばして北海道の太平洋側へ発射するのか、
はたまた核実験をやってしまうのか・・・。

 

金正恩という男は
何をやらかすか分からない
非常に恐ろしい人物だなと感じました。

 

もしかしたら3代続く金政権で、
一番ヤバイ人物かもしれませんね。

 

今後も北朝鮮情勢はしっかりと情報収集していきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

>>>緊迫の北朝鮮ミサイル・核実験まとめ!




北朝鮮問題の関連記事
  • 火星15号ミサイルの威力とは?値段や飛距離についても調査!
  • 作戦計画5015とは?番号が表す意味について分かりやすく解説!
  • 北朝鮮のSLBM発射はいつ?場所はどこに落ちる?日本への影響は!
  • B1爆撃機による北朝鮮の反応は?東方の国際空域って場所はどこ?
  • 北朝鮮の7回目の核実験は失敗!?マグニチュードが小さいのはなぜ?
  • 北朝鮮の水爆実験はいつ?太平洋のどこを狙ってる?日本への影響は!
おすすめの記事