スポンサードリンク



アメリカのB1爆撃機とF15戦闘機が、
北朝鮮と韓国の軍事境界線を超えたニュース!

 

北朝鮮の「太平洋上での水爆実験」の発言に対抗した措置のようだ。

 

なんか北朝鮮とアメリカのやり取りを見ていると、
子供が喧嘩しているようにしか見えないのだが、
どちらの国ももう引っ込みがつかない感じに思えてしょうがない・・・。

 

今回はB1爆撃機をテーマにお話ししていきます。

スポンサードリンク

 

アメリカのB1爆撃機が北朝鮮と韓国の軍事境界線を超えた!!

2017年9月24日に配信された産経新聞によると↓

【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省は23日、グアムのアンダーセン空軍基地に配備されているB1B「ランサー」超音速爆撃機2機が、沖縄に配備されている米空軍のF15C戦闘機に護衛されて北朝鮮東方沖の国際空域を飛行したと発表した。

発表によると今回の飛行は、今世紀に入ってから南北の軍事境界線を越えて最も北方まで進入。同省は声明で「北朝鮮の無謀な行動を(米軍として)いかに深刻視しているかを明確に示すものだ」と強調し、「太平洋上での水爆実験」などに言及した北朝鮮の金正恩体制を強く牽制した。

国防総省のホワイト報道官は「北朝鮮の(核・弾道ミサイル)開発計画はアジア太平洋地域と国際社会全体に対する重大な脅威だ」と指摘。今回の飛行については「米大統領は(北朝鮮からの)いかなる脅威も打ち砕くことができる多数の軍事的選択肢を持ち合わせていることを明確に伝えるものだ」とし、「米本土と同盟国を守るため、あらゆる軍事力を行使する用意ができている」と表明した。

 

ニュースを読むとB1爆撃機って
B1B「ランサー」超音速爆撃機っていうんですね!

 

このB1爆撃機がグアムから2機飛び立って、
そのB1爆撃機を守るためのF15C戦闘機が沖縄から飛び立って、
韓国と北朝鮮の国境を超えて事実上の威嚇をおこなったようだ。

 

なんか日常にない言葉や単語ばかりなので、
普通にニュースを見てるだけだと、
想像がつかない話のためどうも脳にすんなり入ってこない・・・。

 

そもそもB1爆撃機やF15C戦闘機ってどんなものなのでしょうか。

 

 

そもそもB1爆撃機って何?F15C戦闘機って何?

B1爆撃機っていうくらいだから、
爆撃をするための飛行機なんだなって事はわかりますが、
どんな形をしたどのようなものなのでしょうか?

 

ちょっとwikipediaで調べましたが、
かなり専門的な感じなので難しすぎます。

 

これを言葉で説明しちゃうと間違った情報を与えてしまうので、
こういった難しい時はやっぱり動画を見るのが一番ですね↓

 

B1爆撃機をわたしも初めて動画で見ましたが、
とんでもない爆撃機なんですね。。。

 

あんなに爆弾を落とせるんだって
怖くなっちゃいましたよ。

 

映画でよく見るようなシーンでしたが、
現実にもこんな爆撃機が存在してるのが信じられない・・・。

 

 

しかもB1爆撃機は尋常じゃない速さなんです↓

 

B1爆撃機のスピードが凄すぎて驚愕!!!

 

wikipediaの内容を読んでいて速さの事が書いてありましたが、
想像のつかない値だったのでやっぱり動画って有効ですね^^

 

 

それからB1爆撃機を守るためのF15C戦闘機も動画で見てみましょう↓

 

F15C戦闘機のスピードもとんでもないし、
なんだ空中でのあの動きの速さは!!!

 

アメリカの軍事力がスゴイって言われてますが、
いろんな動画を見ると本当に
とんでもない軍事力ってのが分かりますね!

 

B1爆撃機やF15C戦闘機が韓国と北朝鮮の軍事境界線を超えたことで、
北朝鮮はどのような反応をしてるんでしょうか・・・。

 

 

B1爆撃機が軍事境界線を超えた北朝鮮の反応は?

B1爆撃機が
韓国と北朝鮮の軍事境界線を超えたことに対して
今のところ北朝鮮の反応はダンマリ状態。

 

きっと北朝鮮側は
B1爆撃機が軍事境界線を超えた情報は
入っているでしょうから、
金正恩はビビってるというより怒り心頭でしょうね!

 

金正恩だってバカじゃないから、
アメリカに対してエスカレートされると、
B1爆撃機が北朝鮮に飛んでくることなんて
初めから分かっていた事でしょう。

 

それを考えると、
北朝鮮が次にどう出てくるのかが、
とても心配になります。

 

以前の「太平洋上で水爆実験・・・」この発言が、
グアムやハワイに対してミサイル発射し行われるものなのか、
はたまた日本を人質のようにわざと日本の近くに落とすのか・・・。

 

もう本当にいい加減にしてほしいですね。

 

ところでB1爆撃機が飛行した北朝鮮東方の国際領域って、
場所的にはどこらへんなのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

B1爆撃機が飛行した北朝鮮東方の国際領域って場所はどこ?

そもそも国際領域がよくわからなかったので調べたら↓

あらゆる空間(陸、海、空)は「国家領域か国際領域」に分けられます。

無主地→どの国家にも属さいない空き状態の領域は、現在では”ほとんど存在しません”。

 

1.原則として、領域国が[領域主権(その領域の決定権)]を持っています。

しかし、国際社会の共通利益を確保するために、条約を交わして、他国と領域の利用を共有したり、独立までの間国際組織に委ねたりすることで国家の領域主権を一定程度制限される領域があり、そう言ったものを[国際化された区域]といいます。

 

2国際広域は一特定の国家を覗いてすべての国家が利用することが認められています。[公海]がその例です。

→ここには排他的な主権概念は存在しないので、国家の管轄や利用は国際法で規律していくことが望ましいです。

 

3.最後に、国家がそもそも領有する対象としていいのかという、法的地位自体をめぐって争われている地域もあります。

つまり、国家領域なのか国際広域なのかの決着がついていない領域です。南極がその例です。

出典元:https://ameblo.jp/internationallawpolitics/entry-12141708044.html

 

まぁ世界の陸・海・空には国家領域と、
国際領域があって現在の地球上では、
誰のものでもない領域がほとんどない事が分かりました。

 

それと今回のB1爆撃機は韓国と北朝鮮の国境を超えたが、
北朝鮮の国家領域には入っていないって事は分かりました。

 

という事は北朝鮮の領空の範囲がわかれば、
B1爆撃機がどの当たりを飛んでいたのかが分かりますね!

 

そこで北朝鮮の領空のエリアを見つけたので御覧ください↓

出典:http://japanese.joins.com/article/218/112218.html

 

北朝鮮の領空ってかなり東側に張り出してるんですよね。

 

今回のB1爆撃機は北朝鮮東方の国際領域って書いてあるので、
この画像を見ると実は北朝鮮と日本の間くらいの場所なんでしょうね。

 

北朝鮮の領空の北側にはロシアの領空もあるでしょうから、
わたしがイメージしていたのよりは
B1爆撃機は北朝鮮から離れた場所を飛んでいたようです。

 

最後に今回のB1爆撃機についての
世間の声を見てみましょう!

 

 

B1爆撃機についての世間の反応は!

 

↑マチスさんの700箇所同時攻撃作戦!?

すげー気になりますね!

 

 

↑確かにB1爆撃機かっこいいけども・・・

いまはそんな事を言っている場合じゃないよ~^^;

 

 

↑わたしもそう思っています。

アメリカはここからドンドンエスカレートしそう・・・。

北朝鮮もここからドンドンエスカレートしそう・・・。

どっちも折れなさそうですね・・・戦争か・・・。

 

 

↑やっぱりこういった意見が多かったです。

さすがに世間は戦争が秒読みなのかと感じているようです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

わたしは軍事や兵器に全然興味がない普通の人間でしたが、
北朝鮮のせいで色んなミサイルの名前や戦闘機の名前、
核実験の事を知らず知らずのうちに覚えるようになってきました。

 

しかもそれらの能力は、
わたしが想像するより全然大きくかけ離れた破壊力があり、
こういった武器をちらつかせている国って恐ろしいなって
改めて思いました。

 

時代は繰り返されると言いますが、
第3次世界大戦が起こらないことを祈るばかりです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

>>>緊迫の北朝鮮ミサイル・核実験まとめ!


スポンサードリンク



北朝鮮問題の関連記事
  • 火星15号ミサイルの威力とは?値段や飛距離についても調査!
  • 作戦計画5015とは?番号が表す意味について分かりやすく解説!
  • 北朝鮮のSLBM発射はいつ?場所はどこに落ちる?日本への影響は!
  • B1爆撃機による北朝鮮の反応は?東方の国際空域って場所はどこ?
  • 北朝鮮の7回目の核実験は失敗!?マグニチュードが小さいのはなぜ?
  • 北朝鮮の水爆実験はいつ?太平洋のどこを狙ってる?日本への影響は!
おすすめの記事