2017年9月23日日本時間の17時29分頃、
北朝鮮が7回目の核実験を行った可能性がある。

 

経済制裁や国連で追い詰められてもまだ懲りない北朝鮮。

 

太平洋上での水爆実験の前段階なのか・・・。

 

その7回目の核実験のニュースから見てみましょう!

 

北朝鮮が7回目の核実験の可能性!マグニチュード3.4

毎日新聞が報じるには↓

中国地震局は23日、北朝鮮付近で同日午後4時29分(日本時間同5時29分)にマグニチュード(M)3.4前後、震源の深さ0キロの地震を探知し、爆発の可能性があると速報した。北朝鮮が7回目の核実験を実施した可能性がある。(共同)

 

このニュース速報だけでも震源の深さが0キロなので、
地震ではなく北朝鮮で人工的に何かが行われたのが分かる。

 

ただ注目してほしいのが
マグニチュード3.4前後ってところなんです。

 

北朝鮮の6回目の核実験の時のマグニチュードは、
6.1と過去最大級だったので今回のニュースを見た時に、
あれ?失敗したのかなってわたしは思ってしまいました。

 

 

北朝鮮の7回目の核実験は失敗?

 

北朝鮮の6回目の核実験のマグニチュードと
7回目の核実験のマグニチュードを比べると
マグニチュードの差は2.7

 

マグニチュードが2小さくなると、
エネルギーは1000分の1になると言われています。

 

って事はアメリカにビビってこっそりと核実験を行ったのか、
それとも失敗したのか。

 

核実験を行うと地震が発生してすぐに世界にバレるので、
こっそりと行うってのは考えにくい。

 

それを考えるとただ単純に失敗したのか・・・。

 

真相は今のところ明らかになっていない。

 

 

北朝鮮の7回目の核実験に世間の声は?

 

北朝鮮の7回目の核実験に対する
世間の声を見てみても
もう北朝鮮にあきれちゃってる感想が多いですね。

 

このままだと本当に戦争が始まってしまう・・・。

 

平和に解決できる方法を最後まで模索してほしいな。。。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

北朝鮮の7回目の核実験についてお話ししてきました。

 

今回のマグニチュードが小さいのが、
失敗なのか、隠れてこっそり行いたかったのか、
アメリカにビビったのか現状ではよく分かりません。

 

今後の北朝鮮とアメリカの動きには注目していきましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

>>>緊迫の北朝鮮ミサイル・核実験まとめ!




北朝鮮問題の関連記事
  • 火星15号ミサイルの威力とは?値段や飛距離についても調査!
  • 作戦計画5015とは?番号が表す意味について分かりやすく解説!
  • 北朝鮮のSLBM発射はいつ?場所はどこに落ちる?日本への影響は!
  • B1爆撃機による北朝鮮の反応は?東方の国際空域って場所はどこ?
  • 北朝鮮の7回目の核実験は失敗!?マグニチュードが小さいのはなぜ?
  • 北朝鮮の水爆実験はいつ?太平洋のどこを狙ってる?日本への影響は!
おすすめの記事