禅寺である明月院で有名なのは、お庭を眺める「悟りの窓」と呼ばれる丸窓で、ここから本堂裏の庭を眺めると、非常に美しい風景が見えると言われています。

 

その明月院では他にも6月になると「あじさい」が咲き誇り素晴らしい景色が見られます!

 

鎌倉の「あじさい三大名所」の一つで有名な明月院のあじさいは、戦後あじさいが植えられてから今では「あじさい寺」として知られるようになりました。

 

そんな明月院のあじさいをご紹介いたしますね。

明月院(鎌倉)のあじさいのみどころや種類

明月院はあじさいの寺と呼ばれ、鎌倉あじさい三大名所の一つということもあって、あじさいを見ようとたくさんの観光客が訪れます。

 

明月院のあじさいの特徴は、日を追うごとに青くなり、6月中旬以降には濃く鮮やかな青となり、院内にある2500株ほどあるあじさいが、一斉に青く染まる景色は見事です。

 

明月院に咲くあじさいの種類は9割近くが「ヒメアジサイ」。

 

「ヒメアジサイ」は「明月院ブルー」と呼ばれ、他ではこのような綺麗な青のあじさいが見れないので、各地からたくさんの人があじさいを鑑賞しにくるんです♪

 

明月院はヒメアジサイにとって絶好の環境で、土地の酸性が強くきれいな青のあじさいになる環境のため、「明月院ブルー」が綺麗に咲くわけなんですね!

 

そんな明月院のあじさいは見頃時期に見るのが一番ですので、開花時期や見頃時期を調べてみました。

2018年のあじさいの見頃や開花状況

明月院のあじさいは日本古来の「ヒメアジサイ」で、開花期は5月下旬から7月上旬までですが、見頃は「6月上旬から中旬」が八分咲き~満開の時期になります。

 

特に明月院ブルーが最も美しい深い青になるのは「6月20日から1週間」と言われていますので、見頃のあじさいを見るならばここを狙っていくといいですね!

 

ただし見頃時期はかなりの混雑ですので、人が入らないあじさいを撮りたい方は朝一番か雨の日を狙っていきましょう~。

 

また、あじさい時期には本堂背後の庭園に約3000株の「花しょうぶ」もあって、6月上旬に見頃を迎えますので、ぜひ一緒に鑑賞してくださいね。

この庭園は花しょうぶと紅葉の時期だけ特別公開され、拝観料金500円で見ることができますので、是非立ち寄ってみてくださいね!

 

それでは明月院のあじさいの詳細情報を見てみましょう。

明月院(鎌倉)のあじさいの詳細情報

あじさい寺「明月院」のあじさいが見れる時間や場所などご紹介します。

あじさいを見れる期間や時間

明月院はあじさいの見れる6月だけが拝観時間が異なります!

 

  • 6月の拝観時間は8:30~17:00
  • それ以外の月は9:00~16:00

 

あじさいを見るために、平日も土日も開門前からすでに並ぶ方も多く、閉門間際まで人で溢れていますので、入場規制がかかることもありますのでご注意くださいね!

 

開門30分前にはすでに100人前後の待ち行列、10時前後より入場制限がかかる時もあり、入場するまでに2時間待ちのこともあります!

 

11時頃になると北鎌倉駅から明月院まで行列のまま明月院に向かうので、すでに駅から大行列が始まっています。

 

ここまで混雑すると、院内でゆっくり立ち止まって写真を撮るなどはできず、ただあじさいを鑑賞するので精一杯の状況になります。

 

17時までの拝観が可能なので、朝一番に来て並んで入るか、閉園間際に来て鑑賞するのもありかもしれませんね!

あじさいを見るのに料金はかかるの?

拝観料は6月のあじさい時期だけ変わりますのでご注意を!

 

  • 6月の拝観料:高校生以上500円/小中学生300円
  • ※通常は300円になります
  • 庭園入園料:500円(花しょうぶ園を見るときのみ)

明月院(鎌倉)の場所

  • 住所:鎌倉市山ノ内189
  • 電話:0467-24-3437

 

JR北鎌倉駅より徒歩10分で到着しますのでとっても近いですよ!

 

明月院には美しい庭園や本堂、そして運がよければウサギやリスと遭遇できます♪

そんなあじさい寺「明月院」のあじさい時期の混雑状況もご紹介しますね!

明月院(鎌倉)のあじさいの混雑状況

あじさいの時期は「北鎌倉~鎌倉エリア」は、観光客で大混雑!

 

特に晴れた日は平日も土日もあじさい名所や食事処、観光地には国内外の観光客で賑わい、車も大渋滞しています。

 

車で行こうとされている方は周辺は交通規制もあり、駐車場もなかなか見つからない上に渋滞が続くので、公共交通機関を利用したほうがいいですよ!

 

平日のお昼すぎでも、あじさいを見るための順番待ちは長蛇の列で、夕方になると少し人が減りますが、それでも混雑しています。

 

土日はもっと混雑し、朝の8時開門30分前でもすでに長蛇の列で、入るまでも大混雑していますので、休日に行く方は覚悟していきましょう。

 

ゆっくりあじさいを見たいならば見頃時期を外した6月上旬か7月上旬、平日の雨の日には空いていて見やすい状況です。

タイミングを見計らって行ってくださいね!

 

あじさいを鑑賞したあと食事を兼ねて休憩出来る場所があるかもご紹介いたします。

屋台や出店など食事ができる所はある?

あじさいや花しょうぶを鑑賞したら少し休憩したいですよね~。

 

屋台などはないですが、明月院には「月笑軒」で一服できますので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

https://www.instagram.com/p/BZcWpkwDiLE/?tagged=%E6%9C%88%E7%AC%91%E8%BB%92

ここれは抹茶や甘酒、半生菓子などもあり、疲れた体に染み渡りますよ~。

 

ブルーベリージュースやマンゴジュース、りんごのつぶつぶ入りジュースなど子供も喜ぶ飲み物もあります。

 

「明月院 月笑軒」

  • 住所:神奈川県鎌倉市山ノ内189 明月院
  • 電話:0467-24-3437
  • 時間:10:00~15:00
  • 定休日:火曜日

 

北鎌倉には「ミシュラン掲載店」のお店が多く、予約をしないと入れない人気店がたくさんありますので、ランチも楽しむ方は予約して行くほうがいいですよ~

 

「北鎌倉 円」「タケル クインディチ」「ル・マルカッサン ドール」「ミンカ」など人気店はぜひ行く前に予約していきましょう~!

 

私がオススメなのは北鎌倉駅すぐにある持ち帰り専門の「光泉」のおいなりさん!

 

北鎌倉に行くと必ず買って帰るいなり寿司で、鎌倉で長く愛されている有名店です!

「光泉」

  • 神奈川県鎌倉市山ノ内501
  • 10:00~16:00(売り切れ次第閉店)
  • 定休日は火曜日

 

明月院のあじさいは夕方まで鑑賞できますが、ライトアップがあるのかも調べてみました!

ライトアップはある?

明月院でのライトアップは残念ながらありませんでした。

 

夜のライトアップも幻想的で見てみたいものですが、寺院でのあじさいは朝から夕方までが多いので、朝早くにあじさいを鑑賞して、観光スポットに移動する人も多いです。

 

明月院でのあじさい鑑賞あとに立ち寄れる食事処やお土産屋さん、観光スポットなどが周辺にたくさんあるので、後ほど紹介いたしますね!

 

北鎌倉にはあじさい散策コースもあって、円覚寺や明月院などを散策したあとは小町通りや鎌倉駅周辺でお土産や食事を楽しむコースなど1日満喫できます。

 

明るい日中に「明月院ブルー」を楽しんで、青一色に染まった明月院を眺めるのがおすすめです♪

 

それでは明月院のアクセス方法と駐車場をご紹介いたしますね。

明月院(鎌倉)のアクセスや駐車場

それでは明月院へのアクセス方法をご紹介します!

電車の場合

  • 東海道本線「大船駅」下車後、横須賀線「北鎌倉駅」下車後徒歩約10分
  • 江ノ島電鉄「鎌倉駅」下車徒歩約20分
  • 湘南モノレール江ノ島線「富士見町駅」下車徒歩約30分

 

北鎌倉駅や鎌倉駅までのアクセスはこちらからご確認ください↓

>>>NAVITIMEで経路検索する

車の場合

  • 横浜横須賀道路「朝比奈IC」から3.8km
  • 横浜横須賀道路金沢支線「金沢自然公園IC」から5.4km
  • 横浜横須賀道路「港南台IC」から5.4km

 

近辺には駐車場がほとんどなく周辺道路も駐車禁止のため、車で行く場合は大船駅付近で駐車してから電車で北鎌倉へ行くことをおすすめします!

 

周辺の駐車場をいくつかピックアップしておきますね。

 

 

明月院の周辺にもたくさんおすすめスポットがありますのでご紹介いたしますね!

明月院(鎌倉)の周辺のおすすめスポット

明月院は鎌倉あじさいの三大名所の一つですので、他の2ヶ所「長谷寺」「成就院」でのあじさい巡りもいいかもしれませんね!

 

散策するにはかなりの距離がありますので、バスやタクシーを利用して移動しましょう!

 

明月院の周辺で有名観光スポットといえば「鶴岡八幡宮」と鎌倉駅まで続く小町通り!

鶴岡八幡宮は参拝客でいつも賑わい、数年前に強風で倒れてしまった樹齢1000年近くの大銀杏は有名で、迫力もありますので是非見てくださいね!

 

国宝や重要文化財指定の仏像が展示されている国宝館や、太鼓橋や毎殿など見どころ満載の八幡宮で、お参りするのはいかがでしょうか~。

 

そのあとに鎌倉駅に向かって小町通りで、食べ歩きやおみやげを買うのもいいですよ!

#20180211 #鎌倉 #小町通り #食べ歩き #円覚寺 #明月院 #東慶寺

Kyo Hiyamaさん(@kyoooo_24)がシェアした投稿 –

鎌倉名物はんなりいなり売店の「ロールいなり」や、クレープで有名な超人気店「コクリコクレープ店」は是非とも食べていただきたいです♪

 

明月院~鎌倉駅までは結構な距離がありますので、散策するならばスニーカーなど動きやすい靴でいきましょう。

 

また遠方から明月院のあじさいを見に行くのであれば、鎌倉に泊まっていろいろ散策すると楽しい旅行になりますよ。

 

大きなホテルは少ないですが、オシャレな民宿的なところもあってオススメです。

>>>鎌倉の人気ホテルランキング一覧を見てみる【楽天】

まとめ

いかがでしたでしょうか~。

 

明月院のあじさいをまとめておきますね!

 

  • 6月の拝観時間:8:30~17:00
  • 6月の拝観料:高校生500円 小中学生300円
  • 庭園入園料:500円(花しょうぶを見る場合)
  • あじさいの見頃「6月中旬から6月下旬」
  • 明月院は「明月院ブルー」といわれ、境内が青一色に染まる

 

見頃時期は大行列で、拝観するまでに2時間かかることも!

 

朝一番に行くか、閉園間際に行くほうが良いでしょう~。

 

美しい明月院のあじさいを是非ご覧になってくださいね~。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

同じ鎌倉であじさいを見れるスポットがコチラ↓

極楽寺(鎌倉)あじさい2018!見頃や開花状況・混雑具合もチェック!
2018.3.10
鎌倉にある「極楽寺」は長谷寺や明月院と並んであじさいの名所で有名で、ドラマや映画などでもロケ地として多く使われている人気スポットです。 最寄りの極楽寺駅は「関東の駅百選」にも認定されていて、あじさいの時期になると駅もたくさんの人で溢れています! そんな極楽寺には6月になると約20種類の色鮮やかな...…
長谷寺(鎌倉)のあじさい2018!開花情報や時間・ライトアップはある?
2018.2.18
別名あじさい寺としても有名な神奈川県の鎌倉市の長谷寺。 毎年ニュースでも取り上げられる色とりどりの見事なあじさいが素敵ですよね。 鎌倉観光も兼ねて、あじさいのシーズンにはぜひ行ってみたい場所です。 まだ行ったことのない人がいたら、ぜひ2018年こそは長谷寺であじさいを見て欲しいです! そこで...…

 

他のエリアのあじさい情報を見てみる↓

>>>あじさいの名所を地域別に30ヶ所以上ご紹介!2018年の見頃時期はいつ?



あじさいの関連記事
  • 高幡不動尊のあじさい祭り2018!日程や時間・駐車場や出店情報まとめ!
  • 明月院(鎌倉)のあじさい2018!混雑具合や種類・開花状況まとめ!
  • 極楽寺(鎌倉)あじさい2018!見頃や開花状況・混雑具合もチェック!
  • 新宮あじさい祭り2018!日程や開花状況・見頃やライトアップ総まとめ!
  • 極楽寺(静岡県森町)あじさい2018!見頃はいつ?開花状況もチェック!
  • 下田あじさい祭り2018!開花状況や見頃はいつ?駐車場や混雑情報も!
おすすめの記事