別名あじさい寺としても有名な神奈川県の鎌倉市の長谷寺。

 

毎年ニュースでも取り上げられる色とりどりの見事なあじさいが素敵ですよね。

 

鎌倉観光も兼ねて、あじさいのシーズンにはぜひ行ってみたい場所です。

 

まだ行ったことのない人がいたら、ぜひ2018年こそは長谷寺であじさいを見て欲しいです!

 

そこで今回は、長谷寺の2018年のあじさいの開花情報やあじさいを見ることができる時間、混雑状況やライトアップがあるのかなどについてまとめてみました!

鎌倉の長谷寺のあじさいのみどころ

長谷寺のあじさいのみどころは、なんと言っても、その種類の多さや見頃の長さではないでしょうか。

 

あじさい路と呼ばれる小路では実に40種類以上、約2,500株ものあじさいが咲きほころび、シーズンのピーク時は大変見事なながめです。

 

あじさい斜面に沿って植えられているので、下から眺めても上から眺めても、すぐ真横にも、至る所にあじさいが見られます。

 

メジャーな品種から、レアな品種、色も赤、白、ピンク、青、水色、紫…色とりどりのあじさいが迎えてくれます。

 

中でも個人的にオススメなのが、長谷寺で生まれた品種です↓

 

  • 長谷四片(はせよひら)
  • 長谷の潮騒(はせのしおさい)
  • 長谷の祈り

 

長谷四片と長谷の潮騒はガクアジサイで、長谷の祈りは八重咲きのような変わったお花なのですが、わたしはこの長谷の祈りという品種がとても可愛くて大好きです。

この三種は長谷寺で作られたお花なので、もしかしたらまだ長谷寺でしか見ることができないかもしれませんね。

 

他にも↓

 

  • 変わったお花の形が美しいピーターパン
  • シーズンの終わりに咲く真っ白で可憐なアナベル
  • 濃い藍色が美しいクロヒメ
  • 花先が段々と紅く美しく色づくクレナイ

 

など、珍しい品種もたくさん咲いていますよ♪

 

さらに、長谷寺ではあじさいの季節には、シモツケ、ハナショウブなどのたくさんの花が咲いています。

 

アガパンサスやキキョウなどの夏の花たちも咲き始めてきますので、まさに百花繚蘭!といった景色ですよ。

 

せっかく長谷寺にあじさいを行くのであれば開花状況を確認して見頃時期に見に行きたいですよね!続いてはあじさいの見頃時期と開花状況についてお話します。

2018年のあじさいの見頃や開花情報

2017年は、5月の連休明けからあじさいの花が咲き始め、6月の中旬には見頃を迎えていました。

 

2018年の冬の寒波の影響がどの程度あるかは分かりませんが、おおかたの目安になるのではないでしょうか?

 

品種によって見頃が多少かわりますが、だいたい6月の中旬から6月の下旬まではずっと見頃のあじさいが楽しめますよ。

 

また長谷寺のあじさいの開花情報ですが、あじさいのシーズンになると長谷寺のHPで確認することができます↓

>>>長谷寺のあじさいの開花情報を確認する

 

過去の長谷寺のあじさいの開花状況も確認できるので、一度チェックしておくといいですよ♪

 

さぁて長谷寺の見頃や開花情報を確認できたところで、あじさいを見れる期間や時間・料金などをチェックしてみましょう!

あじさいを見れる期間や時間・料金について

長谷寺のあじさいを見れる期間についてお話します。

 

あじさいを見れる期間

あじさいの開花自体は、例年通りであれば5月の半ば頃からのようです  。

 

7月の頭にはあじさいの剪定に入るようなので、あじさいを見に行くなら、ちょうど見頃を迎える6月がいいですね。

 

6月上旬から7月上旬として考えておいたほうがいいでしょう。

 

あじさいを見れる時間

それから長谷寺のあじさいを見られる時間ですが、長谷寺の拝観時間(3月~9月)は8:00~17:00ですので、あじさいを見られる時間もこのとおりになります。

 

ただし、混雑時は入場制限が設けられることがあるので注意が必要ですよ。

 

あじさいを見る時の料金

あじさいを見る時の料金ですが、長谷寺の拝観料として大人300円、小学生100円がかかります。

(障がい者、市内高齢者は手帳提示で本人が無料となります。)

長谷寺の場所

  • 場所:〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2
  • 電話:TEL 0467-22-6300

 

長谷寺は比較的どの駅からも近く、アクセスしやすい場所にありますよ♪

 

ところで長谷寺のあじさいってどのくらい混雑しているのでしょうか?

長谷寺のあじさいの混雑状況

例年、長谷寺のあじさいが見頃を迎える頃には大混雑します。なので混雑時にあじさい路の入場制限が行われます。

 

土日はどうしても混雑が避けられませんので、できれば平日の午前中に行くのがおすすめです。

 

どうしても土日にという方は、なるべく早い時間に行ってみるのがいいですね。

 

混雑してしまうと、あじさい路用の整理券が渡されます。

 

拝観券と整理券があれば、当日限り再入場ができます。

 

ただし、注意が必要なのが整理券が配布されるのは午後4時まで!ということ。

 

平日は5時、土日は6時までで再入場もできなくなります。

 

ぜひ覚えておいて下さいね♪

ライトアップ情報

拝観時間内での見学なので、ライトアップはありません。

 

長谷寺では、あじさいは残念なことにライトアップはしていませんでしたが、秋の紅葉の季節にはライトアップをしての紅葉狩りが楽しめますよ。

 

こちらも行ってみたいですね♪

長谷寺は食事もできる!?

長谷寺の境内に、「お土産処 てらやショップ」、「お休み処 てらやカフェ」、「お食事処 海光庵」というところがあります。

 

「てらやショップ」と「てらやカフェ」はお寺の入口、受付の辺りにあります。

 

「てらやショップ」では、色々な鎌倉土産、長谷寺オリジナルのお土産などを扱っています。

 

カフェでは『バニラソフトクリーム』とこだわりの『コーヒー』が頂けますよ♪

 

 

食事のできる「海光庵」は比較的あじさい路に近く、小高い見晴台近くにあるので、特にオススメ!

 

なんと全席オーシャンビュー!

 

お食事をしながら相模湾が見渡せます。

 

本当に、天気が良ければ絶景ですよ!

 

 

また海光庵では、長谷寺名物『大吉だんご』というおいしいお団子が食べられます。

 

お食事の後には、 『ぜんざい』、『パンテラケーキ』もいただきたいですね。

 

『大吉だんご』は売店でも売っているみたいですよ。

 

 

お寺ならではの精進料理風のお料理も頂けます↓

 

肉を一切使わず、大豆の旨みだけで仕上げた『お寺のカレー』や、野菜をじっくり煮込んだ甘みが自慢のトマトベースの『お寺パスタ』は人気があるみたいですよ!

 

 

余談になりますが、長谷寺の御守りには、いちごの形のものやてんとう虫の形のものなど可愛いのがたくさんあるのです!

 

それぞれにキチンと意味があり、お土産にしても大変喜ばれるんですよ♪

 

あじさい路だけでなく、本堂の方のお参りもできたらしてみると趣があると思いますよ!

 

最後にアクセス方法と駐車場についてお話します。

鎌倉の長谷寺のアクセスや駐車場

長谷寺のアクセス方法です。

 

長谷寺には、駐車場が少ないので公共機関での訪問がベターです。

 

駐車場待ちや、渋滞で時間が潰れてしまうのはもったいないですよね。

 

駅からも近いので、鎌倉散策がてらに歩いてみるのはいかがでしょうか?

 

公共機関でのアクセス方法

  • JR 横須賀線、「鎌倉駅」下車→バス「長谷観音」下車、徒歩5分
  • JR 横須賀線、「鎌倉駅」→江ノ電「長谷駅」下車、徒歩5分
  • 小田急線「藤沢駅」下車→江ノ電「長谷駅」より徒歩5分

 

「長谷駅」までの行き方はこちらをご活用くださいね↓

>>>ナビタイムで経路検索する

 

車でのアクセス方法

  • 横浜横須賀道から「朝比奈I.C」下車、県道204号にて30分

 

駐車場について

  • 普通車 30台 30分300円
  • バス 4台 30分1,000円

 

※二輪車、原付バイク、三輪バイクなどは停められません。

※営業時間を過ぎると翌朝まで出庫できないので要注意!

※駐車場の予約、駐車場のみの利用はできません。

 

ただどうしても車で行きたい場合もあると思います。そんな時はネットで駐車場を予約できるサービスがあるので使ってみるといいですよ↓

>>>駐車場だって予約ができる!

 

それから遠方から鎌倉の長谷寺のあじさいを見に行くのであれば、鎌倉周辺で宿を押さえておくのがいいですよ。鎌倉って意外と安くていい宿って多いんですよね↓

>>>鎌倉周辺の人気ホテルランキング一覧を見てみる【楽天】

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

鎌倉の長谷寺のあじさいをまとめてみると↓

 

  • あじさいの開花情報:長谷寺のHPで確認することができる
  • 長谷寺の時間:8:00~17:00
  • ライトアップ:ライトアップはない

 

もう今からあじさいの季節が待ち遠しいですね。

 

ぜひ今シーズンは、長谷寺に鮮やかなあじさいを見に行ってみて下さいね!

 

私事ですが、あじさい寺と言われるお寺はいくつかありますが、わたしは個人的にすごく長谷寺が好きです。

 

境内の美しさに魅了され、中学生の遠足で訪れて以来、鎌倉観光の際にはほぼ必ず立ち寄っています。

 

そんなわたしなりの観光のおすすめは、箱根湯本駅からのあじさい電車に乗って、長谷寺までのゆったりとしたあじさい観光です。

 

長谷寺以外にもたくさんあるあじさいスポットや名所をたくさん訪れることができますよ。

 

非日常的な、俗世を離れた美しい風景の連続に、いつも心洗われます。

 

お時間のある時には、とってもおすすめです♪

 

ここまでご覧になっていただき、ありがとうございました。



あじさいの関連記事
  • 高幡不動尊のあじさい祭り2018!日程や時間・駐車場や出店情報まとめ!
  • 明月院(鎌倉)のあじさい2018!混雑具合や種類・開花状況まとめ!
  • 極楽寺(鎌倉)あじさい2018!見頃や開花状況・混雑具合もチェック!
  • 新宮あじさい祭り2018!日程や開花状況・見頃やライトアップ総まとめ!
  • 極楽寺(静岡県森町)あじさい2018!見頃はいつ?開花状況もチェック!
  • 下田あじさい祭り2018!開花状況や見頃はいつ?駐車場や混雑情報も!
おすすめの記事