中学生や高校生の頃、

万葉集』について学んだことを

覚えていらっしゃるでしょうか?

 

私は和歌や短歌、俳句などが好きだったので

夢中で勉強したのを覚えています。

 

季節についてうたった歌や、

恋人への恋心をうたった歌など、

どの歌も魅力的で読んでみるととても楽しいんですよ!

 

 

そんな『万葉集』を扱ったお祭りが

富山県にあるのをご存知でしょうか?

 

その名も、

高岡万葉まつり!!!

 

一体どんなお祭りなのか気になりますよね。

 

早速高岡万葉まつりについてご紹介させていただきます!

 

高岡万葉まつりとは

『万葉集』は日本最古の歌集と言われ、

多くの研究者に研究されているんですよ。

 

そんな『万葉集』の代表的な歌人の中に、

大伴家持(おおとものやかもち)という歌人がいます。

 

その大伴家持が国守として在任していたことから、

富山県高岡市で万葉まつりが

行われるようになったんですよ。

 

 

高岡万葉まつりでは、

万葉集全20巻、4516首の歌を

3日間かけてリレー形式で読んでいくんです!

 

とても聞きごたえがありそうですよね。

 

 

歌をよむ人は、毎年公募で選ばれています。

 

選ばれる人数は約2000人

 

とても多くの人が参加するお祭なんですね!

 

是非参加して、リレー形式で詠まれていく

歌を堪能したいですよね。

 

 

また祭りの最中は、万葉集全20巻朗唱の会

行われるだけではなく、

芸能発表会全国万葉短歌大会等が行われるんですよ!

 

色々な出し物が見られてとても楽しそうですよね。

 

派手なお祭りではありませんが、

文学に沿ったとても勉強になるお祭りです。

 

是非、祭りに参加して教養の幅を広げてみて下さいね!

 

 

2017年高岡万葉まつりの日程・時間

2017年の高岡万葉まつりは、

10月6日(金)~10月8日(日)

の日程で開催されます!

 

またスケジュールが発表されていますので

表にしてご紹介させていただきますね!

9:30 オープニングアトラクション

創作舞踊、創作バレエ、テーマソングの合唱、独唱、万葉歌朗読

10:30~ オープニング招待朗唱
11:00~ 一般朗唱(8日(日)17時まで)
17:00~ フィナーレ招待朗唱
18:00 終了

 

10月6~8日は上記のスケジュールとなりますが、

10月8日は最終日なので祭りの後半は、

ピンクの部分のスケジュールとなります。

 

10月8日は一般朗唱が17時に切り上げられ、

その後フィナーレ招待朗唱にうつり18時に終了となります。

 

最終日だけ終わり方が違うのでご注意下さいね。

 

 

高岡万葉まつりの開催場所

高岡万葉まつりは、

高岡古城公園(中の島特設水上舞台ほか)

で行われます。

 

マップをしっかり確認して、

お祭りに参加するようにして下さいね。

 

 

高岡万葉まつりのみどころ

高岡万葉まつりのみどころは、

やはり公募で選ばれた

約2000人の人々による万葉集全20巻朗唱の会です!

 

全4516首の歌が読まれていく様子は、

とても見ごたえ聞きごたえがありますよ!

 

是非、一首一首に耳を傾けて、

どういった内容が詠まれているのか、

どんな思いで詠まれていたのかなど

想いを馳せながら楽しんでくださいね!

 

 

また、2017年の高岡万葉まつりの朗唱者は

まだまだ募集を行っているんですよ!

 

参加費用も無料となっています。

 

お祭りをさらに楽しむためにも、

是非応募してみて下さいね!


高岡万葉まつりの朗唱者の無料応募はこらら

↓↓↓

高岡市観光ポータルサイト


 

 

高岡万葉まつりへのアクセス方法

高岡万葉まつりへのアクセス方法は、

電車高速バスの三種類あります。

 

1つずつ見ていきましょう。

 

 

電車でのアクセス

「高岡駅」から高岡万葉まつりの会場である

高岡古城公園までは徒歩15分程です。

 

15分歩くのが大変ならば、

高岡駅から万葉線に乗り換えて、

本丸会館前」や「広小路」で降りると

高岡古城公園までは徒歩3分程ですよ。

 

 

例えば東京から高岡に向かうとなると、

「高岡駅」までは新幹線で約3時間、

約13,000円ほどかかります。

 

名古屋からでも

「高岡駅」までは約3時間半、

約9,000円ほどかかります。

 

 

 

高速バスでのアクセス

 

次に、高速バスでのアクセス方法です。

 

東京や名古屋からのアクセスの際に便利です。

 

東京からであれば池袋駅東口から、

7時間半かかって料金は7,500円程度。

 

 

名古屋からであれば名鉄バスセンター、

又は名古屋駅前から乗るようにして下さい。

 

名古屋からだと4時間ほどかかって

料金は3,500円程度。

 

 

 

高岡駅についたら電車でのアクセス方法と同じ方法で

高岡古城公園に向かうようにして下さいね。

 

 

車でのアクセス

最後に、車でのアクセス方法ですが、

「能越自動車道高岡IC」から20分程

高岡古城公園に着くことができますよ!

 

祭会場では、

駐車場が160台無料で用意されています。

 

ですが、当日は混雑が予想されますので、

車で行かれる方は早めに向かうようにして下さいね。

 

 

高岡のおすすめホテル

高岡市周辺に住んでいるのであればいいのですが、

遠方からだとかなりの大旅行となりますので、

早めにホテルをとっておくことをオススメします。

 

高岡駅から電車や車で30分ほどの場所にある

寛政3年から創業している素晴らしいホテルですよ♪

 

ぜひホテルの評判を見てみてくださいね♪


高岡エリアで疲れがとれて大満足のホテルがこちら

↓↓↓

>>>すいげつろうホテル<となみ>の口コミや評価をチェック!【楽天】


 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

  • 高岡万葉まつりは、『万葉集』の全歌を朗読するお祭
  • 開催日は10月6日(金)から8日(日)の3日間
  • 郎唱者は公募で選ばれ、2017年の郎唱者はまだ募集中
  • アクセス方法は電車、高速バス、車の三種類

 

これらを踏まえて、祭りに楽しく参加して下さいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

2017年日本全国お祭り情報まとめ!




祭りの関連記事
  • 唐津くんち2018!日程・曳山の順番やルート・駐車場や交通規制!
  • 鹿児島おはら祭り2018!日程や前夜祭・交通規制や駐車場情報など!
  • 佐世保くんち2017年の日程・みどころ・アクセス方法まとめ!
  • 大津祭2017年の日程・みどころ・アクセス方法まとめ!
  • まりも祭り2017年の日程・みどころ・アクセス方法まとめ!
  • 三川内陶器市2017年の日程・駐車場・美術館情報まとめ!
おすすめの記事