TOKIOの城島茂さんと、
山口達也さんがまたまたとんでもないものを釣り上げたぞぃ!

 

それが幻の魚と言われる「オオカミウオ」!

 

しかしTOKIOは色んな珍しい魚を釣り上げますよね^^

 

やっぱり持ってる人間は違うわ~♪

 

「オオカミウオ」はもうニュースでも流れてるので、
見た目がどんな感じなのかは分かると思いますが、
今回はそんな「オオカミウオ」について詳しく調べていきます!

 

オオカミウオとは?

 

「オオカミウオ」は見た目はグロテスクで、
とんでもない口の大きさでアゴが強く鋭利な歯があるので、
凶暴そうに見えますよね~。

 

この鋭利な歯と恐ろしげな表情が
「オオカミ」の顔つきに似ていることから、
「オオカミウオ」って名前がついたらしい。

 

ただ画像を見る限りだと、
ただただグロテスクすぎて
全然「オオカミ」に見えませんけどねwww

 

 

ちなみに「オオカミ」がこちら↓

 

「オオカミ」の画像を見ると
「オオカミウオ」の名付け親は、
牙が鋭いって事を表現したかったのかもしれませんね。

 

そんな「オオカミウオ」ですが、
実はとっても臆病な性格をしていて、
人懐こいといった噂まであるほどなんですよ~^^

 

ただ人懐こいとは言われても、
大きさや長さ、重さが気になりますよね。

 

あまりにも大きかったら人懐こいって言われても、
怖いですからねwww

 

 

オオカミウオの大きさ・長さ・重さを調査!

 

「オオカミウオ」って
TOKIOが釣り上げて話題になってるだけあって、
本当に珍しい「幻の魚」なんです。

 

画像を見てもどう考えても
最近のイケてる魚の形ではないでしょ?

 

古代の化石って感じでw

 

なので「オオカミウオ」って情報がとても少ないんです。

 

 

ただ「オオカミウオ」の大きさは、
画像を見ていただいても分かりますが、
大人がやっと両手を使って抱えられる感じ。

 

「オオカミウオ」の長さは、
大きいもので全長が1mほどあるのですよ。

 

重さに関しては情報が載っていませんでしたが、
綺麗な魚のようなスリムな体型をしていないので、
かなり重いと思われます。

 

そうですねぇ1mの魚で有名な魚といえば、
回転寿司で食べるビンチョウマグロがありますが、
ビンチョウマグロでだいたい40kgほどです。

 

それを考えると「オオカミウオ」の重さは、
ビンチョウマグロと同じくらいか、
少し軽いくらいな感じですかね。

 

大人が両手で抱えても「重っ!」って
思いますよ!絶対www

 

続きまして「オオカミウオ」は人懐こいのかについて
お話ししていきます。

 

 

オオカミウオは人懐こい?

「オオカミウオ」が人懐こいと思われてるのは、
水族館で大人しくしているからでしょうかね。

 

「オオカミウオ」が人懐こいなんて、
実はそんな事はないんですよ。

 

そもそもが魚って人懐こいなんてないですからね。

 

人懐こいのは餌付けされて
人間に慣れているリゾートの魚くらいです。

 

まぁあれも人懐こいと言うより、
餌が食べたいからよってきているだけですけどね^^

 

わたしはダイバーなので分かりますが、
餌付け中は魚に色々噛まれますからね。指やら体やら。

 

 

ちなみにYoutubeにこんな貴重な映像があったので、
「オオカミウオ」が人懐こいかどうか見てくださいw↓

 

「オオカミウオ」人懐こいどころか、
人間を噛もうとしてますよ。。。

 

鋭い歯で指でも噛まれたら大変です。

 

これが普通の魚の行動なのですよ^^

 

続きましてこんなグロテスクな「オオカミウオ」ですが、
食べると美味しいのでしょうか?

 

 

オオカミウオを食べるとどんな味?

「オオカミウオ」は「幻の魚」とは言われていますが、
まったく捕れない訳ではなく地魚として食べられる事はあるんです。

 

しかも「オオカミウオ」のような
グロテスクな魚って淡白な白身で美味しいんですよね。

 

わたしは昔釣り好きの父親に連れられ、
漁協で売っていた「オオカミウオのフライ」を
食べたことがありますが、
ノリ弁によくある白身フライの何倍も美味しかったです。

 

 

「オオカミウオ」の食べ方としては、刺し身や昆布締め、
ムニエルとかフライ、煮付けなどがありますね。

 

ちょっとかなり子供の頃だったので、
大人になった今は刺し身や昆布締めで食べたいです!

 

「オオカミウオ」は
水深が50~100mほどに生息しているので、
刺し身の味はアンコウみたいな感じなのかなぁって思ってます^^

 

また「オオカミウオ」食べる機会があったら、
ブログにアップしますね~♪

 

最後に、
TOKIOがオオカミウオを捕獲した事に対する
世間の声を見てみましょう!

 

 

TOKIOがオオカミウオを捕獲に世間の声は?

 

↑そうですね!
別の番組でも「オオカミウオ」を釣る企画やってましたね!

こうやって釣り上げちゃうあたりTOKIOはやっぱり持ってるんです!

 

 

↑「オオカミウオ」は新江ノ島水族館にいますよ~

結構いろんな水族館にいるんですよね実は^^

幻の魚なのにwww

 

 

↑TOKIOはラブカを発見したこともありましたね!

 

ラブカに関する興味深い記事があったのでどうぞ↓

>>>ラブカの言い伝えを徹底調査!捕獲されるのは地震の前兆なのか!?

 

TOKIOは本当に凄すぎ!

今にリュウグウノツカイも釣り上げちゃうんじゃないの?

 

 

↑おたる水族館も「オオカミウオ」いますよね。

たしかにYoutubeでも釣られてるし、
幻の魚っていう割には多いんですよ。

 

世間の声を見ると、
TOKIOが実際に釣り上げたのを早く見たいって感じですね!

 

わたしもみたいので何度もみれるように録画もしておこうっと^^

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

「幻の魚」である「オオカミウオ」。

 

世の中の声を聞いて確かに「幻の魚」と言われる割には、
水族館やYoutubeに出てるので
あまり貴重な感じがしないのは分かります。

 

まぁ例えるならカブトガニみたいな感じですかねぇ~。

 

数が少なくて歴史を感じるシルエット♪

 

でも実際にTOKIOが釣り上げた映像を見たら、
感動すると思いますよ!

 

ぜひ「オオカミウオ」に注目して、
番組をごらんになってくださいね!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。



生物・動物の関連記事
  • シャンシャンの事前抽選の申し込み方法!早く観覧する為の秘訣とは!
  • 「アポトーシスとは」をわかりやすく解説!ネクローシスとの違いは何?
  • シャンシャンの名前の由来や性別は?【上野動物園の赤ちゃんパンダ】
  • オオカミウオの大きさ・長さ・重さを調査!人懐こいって本当?
おすすめの記事