煽り運転対策にステッカーは効果あり?警察は何してくれる?

あなたは高速道路や一般道で
煽り運転をされたことはありますか?

わたしはドライバー歴20年近くなりますが、
何度も煽り運転をされたことがあります。

いかつい車やスポーツカー、トラックなど、
本当に様々ですが煽り運転の対策として
まずは何から始めればいいのでしょうか?

今回は煽り運転対策として最も安くて
簡単なステッカーについてお話していきます。

スポンサードリンク

煽り運転対策にステッカーは効果があるのか?

煽り運転対策として最近ではカーショップや、
インターネットショップでも大人気のステッカー。

確かに1000円ほどで買える商品が多いので、
一番手軽に煽り運転対策が行えます。

後ほどご説明しますが種類も豊富で、
ユニークなものからこの車に近づくと本当にヤバそうだなって
ステッカーまであります。

煽り運転対策として一番いいのは、
煽られない『いかつい車』にすることなのですが、
ステッカーでも効果は期待できますよ。

わたしの車も実際にステッカーを貼ってから、
煽り運転の車が避けて車線変更するようになりましたからね。

ただ1つだけ懸念があるのが、
煽り運転対策でステッカーを貼った車が増えまくると、
逆に効果がなくなる恐れもあるのかなぁと・・・。

ではいったい煽り運転対策ステッカーって
どんな種類の物があるのでしょうか?

スポンサードリンク

煽り運転対策のステッカーの種類はどんな物があるのか?

煽り運転が社会問題となっているので、
ステッカーの種類って凄く多くなってるんですよね。

最近の煽り運転対策ステッカーはやっぱり、
ドライブレコーダー録画中』だったり、
後方録画中』が多いです。

ステッカーの種類はこんなにもたくさん!↓

>>>煽り運転対策ステッカーの種類を見てみる!【楽天】

実際にドライブレコーダーがなかったとしても、
このステッカーがあればかなりの抑止力にはなります。

ふつうに『録画中』ってステッカーに書いてあったら、
煽り運転してなくても車間距離あけようって思いますからね^^

それからこれも1つのテクニックなのですが、
ステッカーは貼ってあるのに煽り運転の被害にあってしまって、
同乗者がいる場合は煽り運転者にバレないように
スマホで動画撮影するのもありです。

ただ絶対にバレないようにしてくださいね!
逆上してもっと煽り運転をしてくる可能性がありますから。

車のシートの部分から後続車を覗かずに
さり気なく動画撮影するといいですよ。

これ実際に私がやった体験談ですw
何かがあった時の為の証拠は必要ですからね^^

大抵の場合は煽り運転車は少し煽ったら、
すっ飛ばしていくものです。

ただもしあなたが運転中に
激しい煽り運転に合ってしまったら、
警察は何か対策してくれるのでしょうか?

スポンサードリンク

煽り運転対策で警察は何をしてくれる?

一般道でも高速道路でも煽り運転をしつこくされて、
自分の身に危険を感じた場合は警察に通報しましょう!

一般道路では路肩に車を停めることができますから、
一度車を止めて中からドアロックをかけてください。

そのまま煽り運転の車が通り過ぎてくれればいいですが、
あなたの車の後ろにつけて止まって降りてきて
文句を言ってくる人もいます。

怖いとは思いますが開けてはダメです。
必ずドアロックをかけて車の中で警察に連絡するようにしましょう!

車の中からカーナビや、交差点名、
電柱の住所やコンビニなどの目印を見ながら、
どこにいるのかを警察に伝えて待ちましょうね。

この時に電話が終わっても、
警察と電話してるアピールをするように、
電話を耳にずっと当てて話をしているふりをするといいです。

また高速道路で煽り運転をされるとしたら、
大半は一番右にある追い越し車線。

大抵煽り運転をしてくる車って
ものすごい速度で後ろから接近してきます。

パッシング(ライトをピカピカ)されたり、
車を左右に蛇行したりしてくるので、
もし車線変更が安全にできるようであれば、
しっかりとウインカーを出してゆっくり車線変更しましょう。

これだけは絶対にやってはいけないのが、
煽り運転の車に対して急ブレーキを踏んだり、
エンジンブレーキをかけたりすること。

これをやってしまうと煽り運転をしている人は、
逆上してもっと煽り運転をエスカレートさせてきます。

それからずっと煽られ続けてもどかないと、
これまた煽り運転者を逆上させてしまうことになります。

もし逆上した煽り運転者がずっと追っかけてきたら、
その場合はすぐに警察に通報しましょう!

高速道路って目印がないと思われがちですが、
実はとっても分かりやすくて、
高速道路の中央分離帯や外側のガードレールなどに
◯◯kp(キロポスト)という文字があります。

あとは高架には高架名が書いてあったり、
トンネル名やバス停などもありますからね。

警察に電話する時は↓

東京から名古屋方面の東名高速道路を運転しています。
煽り運転をされて危ない状況です。現在75kp付近を通過中です。
助けてください。

と伝えて安全な速度で走行を続けるようにしましょう。

決して高速道路上で車を止めないようにしてくださいね。

路肩は安全だと思っている方が多いですが危険です!
路肩に止める時も発煙筒や三角表示板をしっかり出さないと、
後続車に突っ込まれますから気をつけてください。

すごく怖いと思いますが安全な速度で運転を続けながら、
警察の指示にしたがってくださいね。

警察は助けてくれますから♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

煽り運転対策にステッカーは効果があることや、
ステッカーにはどんな種類があるのか、
煽り運転対策で警察は助けてくれるという事が分かりました。

煽り運転をされると急いで車線変更したくなりますが、
一呼吸して安全を確かめて車線変更出来ればする、
車線変更ができなければ車線変更を出来るタイミングで、
すぐに車線変更するようにしましょう。

『ダラダラ走ってやがる!』と思われると逆上するので、
その辺の見極めをつけれるようになりましょうね!

最後までお読みいただきありがとうございました。


煽り運転対策におすすめ!安いドライブレコーダーはどれ?

↓↓↓

>>>煽り運転対策にはドライブレコーダーが効果的!オススメはどれ?

>>>煽り運転の違反点数や罰則は?やる奴の心理について迫る!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする